海の見える街

意味とか価値とか、そういうのがあると最高に良い

甘露

その果物は甘いそうです。

教えてくれたのは誰だったかしら?

友人だったのか、両親だったのか、恋人だったのか、

はたまたカミサマだったのか、今ではもう覚えてないけれど、

その果物が甘いことを私は今のところ信じています。

 

「三口齧ると死んでしまう、そんな果物なんだ」

友人か両親か恋人かカミサマのどれかがそう言いました。

 

「それでも、甘いのでしょう?」

私が訊くと、

「甘い」

ただ、それだけ。

 

訊きたいことがたくさんあった。ある。あります。ありました。

栓のない思考は病院の壁にペンキを塗ります。

 

「ありがとう」

誰かが今日もそう言って、果物に歯を立てるのです。

広告を非表示にする