海の見える街

意味とか価値とか、そういうのがあると最高に良い

婦人

小さな頃から、土が嫌いだったし海は怖かった、皆そうだと思っていた、クジラはすべてを見透かしていた、そうしてかみさまみたいに生きることを強いられて、全部喪うために手に入れたひとの話、何か掴んだような気がするたび、今死ねば永遠に自分のものになるような錯覚と、果てのない古い街の市場の話、一緒にしよう、油絵の勉強がしてみたい、かみさまと、鉱物と、花束の絵を描いてみたい、

広告を非表示にする