読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海の見える街

意味とか価値とか、そういうのがあると最高に良い

水曜日の冷凍室には不鮮明な蓋然があって、時折どこかのクジラと共鳴しているって話、あなたは聞いたことある? よく出来た頭、¬整序されるべき i、5、7.8、3、909、えっと、それから……、そう、お隣の**さんーーーー。

広告を非表示にする

雑記のような何か

男は筆を取り、先ずその過剰な自意識を以て彼の懶惰な生活を滔々と記し始めた。努めて自罰的に、デカダンを夢見て。そんな児戯のような露悪が、男の唯一の特技であった。男はこれを芸術と思いつつ、表面上は否定してみせた。「こんなものは、ただ/\、悪趣味な手癖に過ぎないのさ」

広告を非表示にする

雪上の寿命

罪を暴かれた処女の厳密性を、一体誰が知り得ようか、漂うだけの沈丁花の人格を、全体誰が知り得ようか、一杯の粗目のような書物に、私という鉱石というにはあまりに粗悪な、それでいて高邁な一点が記述するには、おそらく清廉さが、あるいは潔浄さが足りない、それはきっと処女性と呼びうるもので、つまり宗教はそうした文脈のなかで成熟してきたのだ、

広告を非表示にする

貝殻とキリン、あるいは紫陽花

この病熱のままで、揺蕩っていたい、花の名前を当ててみせて、痛いのに慣れた君の身体は、ゆっくりとほどけてしまった、かみさまのあそびを覚えたひとから消えていくんだね、鈍色の食器、本棚の木目をそっと撫でて、葉脈を想う、そういうとき、私はきっと形而下にいない、私の一部は原始君だったことをおぼえている? 線もまた粒子のなかで流転していて、全てはそこに還ってゆく、不思議だね、名前がついていくということ、私にも名前がいくつもあるということ、言語によって安全が規定された、危うく美しい丸、住民の形を、煉瓦のあたたかさを、寂寞を、吝嗇を、

三月の化石

氷のようにきれいな読み物
ゆるやかに死んでいく花束
借り物の身体でぼくら 遊んでいるだけ
かみさまのいない教会でキスを
古い詩集を持って
躍り疲れたぼくら
海の見える街で
罪を信じて
「ぼくらはずっとしあわせになる夢を見ていた」
ぼくの最期のことばを
君が食べてくれたなら
どうか首を絞めて
絵画のような美しさで

広告を非表示にする

1.618

いちばん醜いのは知識欲。次点で高潔な思想。宗教はヒトの発達段階において生じたのみに過ぎない。形而下のすべてが、ある事項によって規定されている。理性が思惟すべきあらゆる神と、存在が批准すべきあらゆる信仰を知れ。投擲された、或いは観測された唯一つの啓蒙。文字(言語)により発音される神話。私という波形を愛撫してほしい。

広告を非表示にする

プラトニックスゥイサイド

「許してあげたい」「誰を?」「僕と、それから君を」